本文へスキップ

退職後の安心と生きがいをサポート

医療補助

かかった医療費に対して一部補助させていただく事業です。

もくじ

身体障害者の方で、医療費が全額公費負担(無料)になる方はこちらではなく、
下記、療養見舞金の対象となります。

退教互だよりの掲載内容をご覧になる場合は、
下記、退教互だより 掲載内容からダウンロードしてください。

!!注意!!
 特定疾病・特定疾患・指定難病等で公費助成を受けて
 いる場合は、専用の請求書が必要です。
 必ず退教互事務局までご連絡ください。
 申し出がないまま、医療補助を受け、給付後に判明した場合、
 戻入していただくこととなります。

対象者

退職会員、配偶者会員、遺族会員(※)

※遺族会員とは、退職会員が亡くなられた後の配偶者会員のことをいいます。

!!注意!!
 再任用で働かれている方や現職教職員の被扶養者など
 公立学校職員互助会(現職互助会)の会員およびその被扶養者は対象外です。
フルタイム再任用者 現職互助会からの
給付があるので
退教互へは請求できません
(現職互助会の会員となる)
臨時的任用職員
現職教職員(上記2項目含む)
の被扶養者
短時間再任用
(23時間15分)
(19時間22分)
(15時間30分)
退教互へ請求できます

請求できる医療費

保険診療分(健康保険の対象分)のみです。

医療機関・薬局ごと 1か月ごと の保険診療点数(自己負担額)が
下表に当てはまる場合、対象となります。

保険診療
点数
左記点数を自己負担額に換算すると(目安)
69歳以下
の方
1,501点以上 4,503円以上
70歳以上
の方
2,001点以上
1割負担の方 2割負担の方 3割負担の方
2,001円以上 4,002円以上 6,003円以上
  • 同じ医療機関の同じ月の分は合算します。
    科(内科や外科など)が違っても同じ医療機関であれば合算します。 ただし、「歯科」「口腔外科」は合算しません(できません)。
  • 診療分と院外薬局分の点数は合算しません(できません)。
  • 複数の病院の調剤を同じ薬局でうけている場合、病院毎になります。
  • 装具代、接骨院・整骨院、鍼灸などの受診分に関して、令和2年4月受診分より対象外となりました。
    (診療点数が出ないため、事務が煩雑になり、処理が困難なため)

特定疾病・特定疾患・指定難病等で公費助成を受けている場合
上記とは違い、下記の通りとなります
保険診療
点数
自己負担額
69歳以下
の方
1,501点
以上
かつ 4,500円以上
70歳以上
の方
2,001点
以上
かつ
1割負担
の方
2割負担
の方
3割負担
の方
2,000円
以上
4,000円
以上
6,000円
以上

請求方法

  • @下記「請求書の種類」をご覧になり、対象の請求書を入手してください。
  • A必要事項を記入
    裏面をお読みいただき、下記「記入例」を元に上半分の色の付いていないところのみ記入してください。
    69歳以下の方は、裏面下部も対象に応じてご記入ください。
  • B医療機関または薬局にて証明してもらう。
    下半分の色の付いているところを医療機関または薬局で証明してもらってください。
    医療機関の証明に時間がかかる場合がありますので、時間に余裕をもって依頼してください。(1ヶ月以上かかる病院もあります)
    (三重県外の医療機関または薬局の場合は、特例措置として領収書のコピーで対応しています)

    特定疾病・特定疾患・指定難病等で公費助成を受けている場合

    公費助成専用の請求書「公費を含む場合の外来(入院)医療証明書」に証明してもらってください。
    その場合、通常の医療請求書の下半分の色の付いているところは記入しないでください。

  • C退教互事務局へ郵送
    毎月締め切り日までに到着した分を翌月25日(25日が土日祝の場合、翌月曜日)に送金します。
      例: 令和2年11月25日までに到着 → 令和2年12月25日に送金

請求書の種類

 受診者の年齢と外来か入院かで下表の通り4種類に分かれます。
 (画像をクリックすると別画面で拡大表示します)

69歳以下の方 70歳以上の方
外 来
入 院
  • 外来用は1枚で3か月分まで、入院は1枚で2か月分まで証明できます。
    証明を依頼する月数に見合った請求書の枚数を用意してください。
  • 70才以上の用紙は、70才になられた翌月からご使用ください。
  • 健康保険が変わられた場合、用紙も分けていただくようお願いします。

特定疾病・特定疾患・指定難病等で公費助成を受けている場合
公費助成専用の請求書「公費を含む場合の外来(入院)医療証明書」に証明してもらってください。
その場合、通常の医療請求書の下半分の色の付いているところは記入しないでください。
69歳以下の方 70歳以上の方
外 来
入 院

請求書の入手方法

 事務局へお電話いただくか、お手紙にて請求書をお求めください。
 ご自宅へ郵送いたします。
 もしくは、三教組各支部の書記局にあります。


請求書の記入方法

(以下、画像をクリックすると別画面で拡大表示します)

69歳以下の会員の記入欄(上半分 白いところ)



69歳以下の会員の記入欄(裏面 下部)



70歳以上の会員の記入欄(上半分 白いところ)




医療機関の証明欄(下半分 色のついたところ)

下半分の色の付いているところを医療機関または薬局で証明してもらって
ください。
(三重県外の医療機関または薬局の場合は、特例措置として領収書のコピーで
対応しています)

69歳以下外来の場合(下半分が黄色いところ)

  • 証明は、1枚で3か月分までです。
    それ以上になった場合は複数枚に証明してください。
  • 保険診療点数は、各受診年月の合計点数を記入してください。
  • 薬局の場合
    同じ月に複数の病院の分がある場合、合算せず、各病院分ごとに行を分けて証明してください。
    その際、1,501点以下のものは対象外となるので記入しなくて結構です。
    また、「受診科」のところに病院名を記入していただきますようお願いします。

特定疾病・特定疾患・指定難病等で公費助成を受けている場合
公費助成専用の請求書「公費を含む場合の外来(入院)医療証明書」に証明してもらってください。
その場合、通常の医療請求書の下半分の色の付いているところは記入しないでください。


69歳以下入院の場合(下半分が水色のところ)

  • 証明は、1枚で2か月分までです。
    それ以上になった場合は複数枚に証明してください。
  • 保険診療点数は、各受診年月の合計点数を記入してください。
  • 入院期間は、各受診年月の範囲の年月日を記入してください。
    例:令和2年4月20日〜6月10日の入院における 令和2年5月分の証明
      入院期間:令和2年5月1日 〜 令和2年5月31日

特定疾病・特定疾患・指定難病等で公費助成を受けている場合
公費助成専用の請求書「公費を含む場合の外来(入院)医療証明書」に証明してもらってください。
その場合、通常の医療請求書の下半分の色の付いているところは記入しないでください。


70歳以上外来の場合(下半分がピンク色のところ)

  • 証明は、1枚で3か月分までです。
    それ以上になった場合は複数枚に証明してください。
  • 保険診療点数は、各受診年月の合計点数を記入してください。
  • 薬局の場合
    同じ月に複数の病院の分がある場合、合算せず、各病院分ごとに行を分けて証明してください。
    その際、2,001点以下のものは対象外となるので記入しなくて結構です。
    また、「受診科」のところに病院名を記入していただきますようお願いします。

特定疾病・特定疾患・指定難病等で公費助成を受けている場合
公費助成専用の請求書「公費を含む場合の外来(入院)医療証明書」に証明してもらってください。
その場合、通常の医療請求書の下半分の色の付いているところは記入しないでください。


70歳以上入院の場合(下半分が薄緑色のところ)

  • 証明は、1枚で2か月分までです。
    それ以上になった場合は複数枚に証明してください。
  • 保険診療点数は、各受診年月の合計点数を記入してください。
  • 入院期間は、各受診年月の範囲の年月日を記入してください。
    例:令和2年4月20日〜6月10日の入院における 令和2年5月分の証明
      入院期間:令和2年5月1日 〜 令和2年5月31日

特定疾病・特定疾患・指定難病等で公費助成を受けている場合
公費助成専用の請求書「公費を含む場合の外来(入院)医療証明書」に証明してもらってください。
その場合、通常の医療請求書の下半分の色の付いているところは記入しないでください。



申請期限

約2年です。

具体的な締め切り日は、トップページ(一番最初の画面)をご覧ください。


給付額

医療機関・薬局ごと 1か月ごと の保険診療点数に応じた補助額を
69才以下の方と70才以上の方で分けて設定しています。

69才以下の給付額表(外来・入院 共通)

点 数 区 分給 付 額
1,501点 〜 2,000点1,000円
2,001点 〜 3,000点2,000円
3,001点 〜 4,000点5,000円
4,001点 〜 5,000点8,000円
5,001点 〜 6,000点11,000円
6,001点 〜 7,000点14,000円
7,001点 〜 8,000点17,000円
8,001点 〜 9,000点20,000円
9,001点 〜 10,000点23,000円
10,001点 〜 11,000点26,000円
11,001点 〜 12,000点29,000円
12,001点 〜 13,000点32,000円
13,001点以上35,000円

70才以上の給付額表(外来)

点 数 区 分 窓口負担
1割
の給付額
窓口負担
2割
の給付額
窓口負担
3割
の給付額
2,001点 〜 3,000点 1,000円 1,500円 2,000円
3,001点 〜 4,000点 1,000円 3,000円 5,000円
4,001点 〜 5,000点 2,000円 5,000円 8,000円
5,001点 〜 6,000点 2,000円 6,000円 11,000円
6,001点 〜 7,000点 3,000円 6,000円 14,000円
7,001点 〜 8,000点 4,000円 6,000円 17,000円
8,001点 〜 9,000点 5,000円 6,000円 20,000円
9,001点以上 6,000円 6,000円 20,000円

70才以上の給付額表(入院)

点 数 区 分 窓口負担
1割
の給付額
窓口負担
2割
の給付額
窓口負担
3割
の給付額
2,001点 〜 3,000点 1,000円 1,500円 2,000円
3,001点 〜 4,000点 1,000円 3,000円 5,000円
4,001点 〜 5,000点 2,000円 5,000円 8,000円
5,001点 〜 6,000点 2,000円 6,000円 11,000円
6,001点 〜 7,000点 3,000円 8,000円 14,000円
7,001点 〜 8,000点 4,000円 10,000円 17,000円
8,001点 〜 9,000点 5,000円 12,000円 20,000円
9,001点 〜 10,000点 6,000円 14,000円 23,000円
10,001点 〜 11,000点 7,000円 16,000円 26,000円
11,001点 〜 12,000点 8,000円 18,000円 29,000円
12,001点 〜 13,000点 9,000円 20,000円 32,000円
13,001点 〜 14,000点 10,000円 20,000円 35,000円
14,001点 〜 15,000点 11,000円 20,000円 35,000円
15,001点 〜 16,000点 12,000円 20,000円 35,000円
16,001点 〜 17,000点 13,000円 20,000円 35,000円
17,001点 〜 18,000点 14,000円 20,000円 35,000円
18,001点 〜 19,000点 15,000円 20,000円 35,000円
19,001点 〜 20,000点 16,000円 20,000円 35,000円
20,001点 〜 21,000点 17,000円 20,000円 35,000円
21,001点 〜 22,000点 18,000円 20,000円 35,000円
22,001点 〜 23,000点 19,000円 20,000円 35,000円
23,001点以上 20,000円 20,000円 35,000円
  • 公立学校共済組合などの 附加給付がある健康保険 にご加入の場合、
    その分を除いて補助します。

    例)公立学校共済組合 の 任意継続 に加入している場合
      25,000円以上の保険診療費に対して補助があります。

      もし、窓口負担額が 28,500円の場合
      28,500 - 25,000 = 3,500円 が共済組合から給付されます。
      この最終自己負担額 25,000円 を点数に換算すると 8,333点となり、
      69歳以下の方の給付額表に当てはめたとすると、
      給付額は、20,000円 となります。


給付金の送金口座と送金日

送金口座:

教育文化会館 送金システムに登録されている口座
(百五銀行、三十三銀行、労働金庫、農協)

何らかの理由がある場合に限り、上記4行以外への送金も可能ですが、
振込手数料がかかります。


送金日:

毎月締め切り日(※)までに到着した分を
翌月25日(25日が土日祝の場合、翌月曜日)に送金します。

 例: 令和2年11月25日までに到着 → 令和2年12月25日に送金

※締め切り日については、トップページ(一番最初の画面)をご覧ください。

送金日の1週間ほど前に教育文化会館より送金通知が送付されます。
(上記「送金口座」で記載した5行以外へ送金を希望された場合、
 この送金通知も送付されません)


よくある質問

交通事故の場合は対象になりますか?

→ 医療補助金、療養見舞金ともに対象外です。


証明手数料の補助はありますか?

→ 請求書1枚につき500円を超えた分に関して、100円単位で補助があります。
証明手数料が600円以上かかった場合は必ず「証明料」(一番右下の欄)に記載してもらってください。
(後から証明手数料のみの補助を受けることはできません)


身体障がい者ですが、医療補助の対象になりますか?

→ 全額公費負担の方(福祉医療費の資格がある方)は、医療補助は、対象外ですが、 療養見舞金 の対象となります。詳しくは、療養見舞金の説明をご覧ください。


退職会員番号がわかりません。記載せずに提出してもよろしいですか?

→ 必ずご記入いただいてからご提出いただきますようお願いします。
現職時(再任用を除く)の職員番号です。
わからない場合、退教互事務局にお問い合わせください。


再任用で働いていますが医療補助の対象になりますか?

→ フルタイムで働いている方など公立学校職員互助会(現職の互助会)に 加入されている方は、対象外です。
詳しくは、対象者の説明をご覧ください。


●いつの分までを請求したか忘れました。

→ お問い合わせいただきましたら、「いつ(年月)の 何点(医療点数)の分」ということは すぐ回答できますが、「どこの医療機関の分か」を調べるのに時間がかかります。 記録をとっておくか、コピーを残しておくことを強くお奨めします。 また、重複して請求された場合、対象外となり、せっかくとっていただいた医療証明が 無駄になりますので、ご注意ください。


●今年70歳になりますが、いつから70歳以上の請求書を使うのですか?

→ 70歳になられたお誕生日の翌月から70歳以上の請求書をお使いください。
※1日生まれの方は、その月から70歳以上の請求書をお使いください。


古い請求書は使えますか?

→ 「平成」しか書かれていない請求書は、平成を二重線で消し、「令和」と書き直してご利用いただけます。
ただし、70歳以上の請求書について、医療証明の欄の負担割合に「2割」がないものについては、使用しないでください。


三重県外の病院を受診しました。証明をとる必要がありますか?

→ 三重県外の医療機関または薬局の場合は、特例措置として領収書のコピーで対応しています。
請求書の上半分(白い会員記入欄)のみ記入し、領収書のコピーを添付してください。
ただ、あまりにも領収書が多くなる場合は、三重県外の医療機関であっても証明をとっていただくと助かります。


●病院で診察をしてもらい、目の前の薬局で薬をもらいました。診察代と薬代は合算できますか?

→ 病院と薬局で医療機関が別となるので、合算することはできません。
病院だけ、薬局だけで対象点(69歳以下1,501点・70歳以上2,001点)がある場合に、それぞれで証明をとってください。

例)すべて同じ月の受診分とします

A医院の診察B薬局の薬代請求対象
ケース11,400点1,000点両方対象外
(合算はできない)
ケース22,400点1,000点A医院は対象
B薬局対象外
ケース32,400点2,100点両方対象
(それぞれで証明)

●総合病院で同じ月に科をまたいで受診しました(内科と外科など)。各科ごとに証明をとる必要がありますか?

→ 複数の科を受診された場合、同じ医療機関の同じ月であれば、合算できます。
ただし、「歯科」「口腔外科」は合算することができません。

例)すべて同じ病院の同じ月の受診分とします

ケース1内科:1,400点眼科:1,000点2,400点の証明
合算できる
ケース2内科:1,400点口腔外科:1,000点両方対象外
口腔外科は合算できない
ケース3内科:2,400点口腔外科:1,000点内科のみ対象
口腔外科は合算できず、点数不足
ケース4内科:2,400点口腔外科:3,000点両方対象
内科と口腔外科の2行に分けて証明

●同じ月に、いくつかの病院を受診し、それぞれの処方箋をすべて同じ薬局にして薬をもらいました。
薬局の証明をとるとき、すべて合算できますか?

→ 薬局の証明の場合、同じ月であっても複数の病院分を合算することはできません。それぞれの病院分での証明となります。
また、それぞれの病院分毎に対象点(69歳以下1,501点・70歳以上2,001点)がないと医療補助の対象になりません。

例)すべて同じ薬局の同じ月の受診分とします

A医院B医院請求対象
ケース11,400点1,000点両方対象外
(ともに点数不足)
ケース22,400点1,000点A医院のみ対象
B病院点数不足
ケース32,400点3,000点両方対象
(A医院とB病院で
2行に分けて証明)

療養見舞金

身体障害者の方で、医療費が全額公費負担(無料)になる方はこちら
医療補助を受けることはできませんが、療養見舞金の対象となります。

医療機関・薬局ごと 1か月ごと の保険診療点数が30,000点以上ある場合、
10,000円を給付します。

請求方法は、医療補助と同様です。

!!注意!!
 身体障がいや特定疾病・特定疾患・指定難病等で公費助成を受けて
 いる場合は、請求前に必ず退教互事務局までご連絡ください。


退教互だより 掲載内容

退教互だより6月号にて毎年、最新情報を掲載しています。

掲載内容ついては、退教互だよりをご確認ください。